インフォメーション

準用河川内古川橋梁下部工事にて、良賞を受賞しました

2021年11月24日

2021年11月19日、高岡土木センター管内優良土木工事の表彰式に出席し、良賞を受賞致しました。

 

工事名 準用河川内古川橋梁下部工事
工期 2020年10月13日 ~ 2021年3月19日
工事場所 富山県高岡市五十里地内
発注者 富山県高岡市
工事概要 橋梁下部工、護岸工、構造物撤去、仮設工、仮排水路

2021年7月、小矢部川水系谷内川河川改修右岸護岸工第2工区工事 完工

2021年09月02日

2021年7月、小矢部川水系谷内川河川改修右岸護岸工第2工区工事 完工しました。

着工前

河川土木 掘削

完工

 

工事名 小矢部川水系谷内川河川改修右岸護岸工第2工区工事
工期 2020年12月4日 ~ 2021年8月27日
工事場所 富山県高岡市石堤地内
発注者 富山県高岡土木センター
工事概要 護岸工、水路工

2021年7月、神通川・堤防強化その8工事 完工

2021年09月02日

2021年7月、神通川・堤防強化その8工事 完工しました。

 

工事名 神通川・堤防強化その8工事
工期 2020年9月29日 ~ 2021年7月31日
工事場所 富山県高岡市石堤地内
発注者 国土交通省北陸地方整備局富山河川国道事務所
工事概要 河川土工、護岸基礎工、法覆護岸工、付帯道路工、構造物撤去工、仮設工

令和3年度富山河川国道事務所功労者等表彰式に出席しました

2021年07月29日

国土交通省北陸地方整備局富山河川国道事務所発注の、小西地区道路改良他工事で優良工事等事務所長表彰をいただきました。
2021年7月26日に表彰式に出席し、優良工事と優良建設技術者ダブルで受賞をいただきました。

 

令和3年度富山河川国道事務所功労者等表彰式に出席しました

【優良工事】

【優良建設技術者】

2021年7月3日、安全集会を開催しました

2021年07月20日

2021年7月3日に安全集会を開催しました。

毎年開催しておりました安全大会・災害防止協議会安全研修会は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、昨年度に続き今年度の開催を中止致しました。
しかしながら安全施工の継続・意識の高揚のため、安全集会(弊社のみ数名)を開催しました。

安全標語 最優秀賞

 

2021年3月、小西地区道路改良他工事 完工

2021年07月20日

2021年3月、小西地区道路改良他工事 完工しました。

 

工事名 小西地区道路改良他工事
工期 2020年3月7日 ~ 2021年3月30日
工事場所 富山県富山市小西地先
発注者 国土交通省北陸地方整備局富山河川国道事務所
工事概要 道路土工、地盤改良工、舗装工、擁壁工、カルバート工、排水構造物工、構造物撤去工、仮設工

2021年3月、粟島地区道路改良その2工事 完工

2021年07月20日

2021年3月、粟島地区道路改良その2工事 完工しました。

 

粟島地区道路改良その2工事 着工前

粟島地区 着工前

粟島地区道路改良その2工事 完工

粟島地区 完工

工事名 粟島地区道路改良その2工事
工期 2020年3月13日 ~ 2021年3月30日
工事場所 富山県富山市豊田地先
発注者 国土交通省北陸地方整備局富山河川国道事務所
工事概要 道路土工、地盤改良工、舗装工、法覆護岸工、擁壁工、情報ボックス工、管渠工、立杭築造工

2021年3月、準用河川内古川橋梁下部工事 完工

2021年07月20日

2021年3月、準用河川内古川橋梁下部工事 完工しました。

 

準用河川内古川橋梁下部工事 着工前

着工前

準用河川内古川橋梁下部工事 完工

完工

工事名 準用河川内古川橋梁下部工事
工期 2020年10月13日 ~ 2021年3月19日
工事場所 富山県高岡市五十里地内
発注者 富山県高岡市
工事概要 橋梁下部工、護岸工、構造物撤去、仮設工、仮排水路

2021年3月、高岡市農協立野支店 新築工事 完工

2021年07月20日

2021年3月に高岡市農協立野支店の新築工事が完工いたしました。

2021年3月 高岡市農協立野支店 新築工事 完工

2021年1月30日、安全教育としてVR体験会を開催しました

2021年02月01日

2021年1月30日、安全教育としてVR体験会を開催しました。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、3密にならないように午前の部と午後の部に分かれて開催しました。
ハイクオリティなVR(仮想現実)で、工事現場で起こり得るトラブルを体験し、危機管理や安全意識をたかめることを目的として開催しました。
墜落災害・重機接触災害・重機巻き込み災害・土砂崩壊災害・交通事故など、多数あるメニューから選び体験することができました。
交通事故のVR体験は、加害者の視点と被害者の視点、両方の視点から体験することができ、どのような事故であったかをリアルに体験することができました。

体験会の様子(弊社社員と下請業者)

使用機器:VR事故体験・安全教育『LookCa』

ページ先頭へ